食べ物

自宅でマックの新メニューをつくる「おトクにちょい足しアレンジ」| 100円幸せ生活

アボカドマックバーガーの写真

コロナ禍、テイクアウトやデリバリーを利用して、自宅でファストフードを楽しむご家庭が増えてきました。

我が家では、コロナ禍となりマクドナルドをテイクアウトして自宅で食べる回数が劇的に増えました。

以前は「子どもたちが喜ぶ」「自宅にゴミが出ない」という理由で店内で食べていたのですが、ハッピーセット目当ての子どもたちにせがまれ、いまでは土日のお昼にはよくテイクアウトをしています。

ただ、子どもたち(我が家は娘ふたり)のハッピーセットにプラスして、大人も何かしらのセットを頼むと軽く2,000円は超えてしまいます。そうなると(そもそも貧乏性なので…)「毎回、毎回マックで2,000円以上使うのはちょっと贅沢な気がする・・・」みたいな気持ちになってしまいます。

土日にせがまれる親は多いはず

そんなことでいまでは、100円(税抜)のハンバーガーや、チキンクリスプ、そしてチーズバーガーなどに単品のポテトをつけるといった感じで大人の注文は落ち着くようになりました。

私、そもそもマックが大好きなので、これでも十分満足なのですが、毎回だとさすがにちょっと飽きがきてしまいます。

そこで、自宅にテイクアウトしたハンバーガーに、ちょっとした食材や調味料を足してオリジナルの「マクドナルドの新メニュー」を開発することにしました!

安い食材でも満足度の高いハンバーガーができる!

オリジナルの新メニューは「手軽」「安い」「おいしい」の3つがモットー。高価な食材じゃなくても、テイクアウト帰りにスーパーや100円ショップに立ち寄って、100円そこそこの食材を買ってくれば、十分おいしいハンバーガーがつくれます。

さて、ここからは、私が実際に自宅でつくったマクドナルドの新メニューをご紹介します。

クリーミーな味わい「アボガドマックバーガー」

春が食べ頃といわれているアボカドですが、輸入品も多く出回っているので、だいたい一年を通じて100円前後で手に入れることができます。

アボカドのたんぱくな味は、ハンバーガーに塗られているマックソースとよくあうので、切ったアボガドをそのままハンバーグにのせるだけで「さすが森のバター!」とうなってしまうようなクリーミーな味わいが楽しめます。

アボカド1個でハンバーガー2個はつくれるのでおトク感もうれしいおすすめハンバーガーです。

<材料費(一人前)>
・マクドナルドのハンバーガー…1個(100円)
・アボカド…半分(49円)
・合計…149円
※1個98円のアボカドを使用
※価格は税抜

そして、さらにトマトを加えると、フレッシュでヘルシーなワンラク上の「アボカド“トマト”マックバーガー」を楽しむことができます。

トマトのフレッシュな味わいが、肉々しいハンバーガーとクリーミーなアボカドによく合う一品。一気に高級ハンバーガーへと生まれ変わります。

期間限定でなくても食べられる「月見バーガー」

目玉焼き好きにはたまらない「月見バーガー」をお手製で楽しみましょう。新メニューではありませんが、「月見」には自分で焼いた目玉焼きを使うので、期間限定にしばられずいつでも食べられるのがうれしいですよね。

今回は、トロッと半熟感がアップした目玉焼きをつくってハンバーグの上にのせます。

<材料費(一人前)>
・マクドナルドのハンバーガー…1個(100円)
・卵…1個(20円)
・合計…120円
※1パック200円の卵を使用
※価格は税抜

そしてさらに、ここにアボカドを足すと、ワンランク上の「アボカド“月見”マックバーガー」を楽しむことができます。

きのことハンバーグのベストマッチ!「しいたけマックバーガー」

きのこのおいしい季節にはぜひ試してもらいたい食材が「しいたけ」。洋食でも「ハンバーグのきのこソース」などのメニューがあったり、そもそもこのふたつの愛称はバッチリなのです。野菜もとれてワンランク上のヘルシーなハンバーガーに生まれ変わります。

つくり方は簡単。しいたけの石づきを落としたら表面に切込みを入れ、バター(もしくはマーガリン)と醤油(もしくはめんつゆ)で焼きます。今回は、小ぶりのしいたけを買ってきたので4枚焼きました。

香りがたまらない…

しいたけもマックソースとよく合うので、焼きあがったらハンバーガーの上にのましょう。しいたけの味と香りが食欲をさらに引き立てます。

<材料費(一人前)>
・マクドナルドのハンバーガー…1個(100円)
・しいたけ…4枚(49円)
・合計…149円
※1パック98円のしいたけ半分を使用
※価格は税抜

オクラのシャキシャキ感がたまらない「おくらマックバーガー」

オクラのシャキシャキ感を残すため、お湯で1分ぐらいさっと茹でたら、水にさらして水気を切ります。それをそのままハンバーガーの上にのせれば完成です。

私は、このままで十分楽しめますが、もう少し濃い味がお好みならオクラの上にマヨネーズをかけるのアリです。

30秒で和風テイストに!「ゆずこしょうマックバーガー」

実は、これが今回のイチオシのハンバーガー「ゆずこしょうマックバーガー」です。いままでになかった和風感が楽しめる上、これまで紹介したハンバーガーの中でも最速でつくれる簡単ハンバーガー。

用意するのはS&Bさんの「ゆずこしょうチューブ」だけ。これを下のバンズに塗ります。上のバンズに塗るとハンバーガーについているマックソースと混ざってしまい、ゆずこしょうのピリカラ清涼感が失われてしまいます。なので、必ず下のバンズに塗るようしましょう。

ゆずこしょうのピリッと加減も大人にはたまらない、ゆずこしょうマックバーガーの完成です!ちなみに、チューブなら持ち運びに便利なのでお店で使うこともできそうですね。

ハンバーガーによくあう「チューブ調味料シリーズ」

食欲アップ!ねぎ塩チューブ

「ゆずこしょう」だけではなく、ハンバーガーに合うチューブ調味料はその他にも色々あります。

つーんとした辛さで大人の和風感をアップする「わさびチューブ」、がっつりお肉感がアップする「ねぎ塩チューブ」、変わり種では「梅チューブ」もおすすです。

調味料チューブは、スーパーだけではなく100円ショップでも豊富に売られています。ぜひ、自分好みのチューブを探してみてください。

種類豊富なチューブシリーズ

今回は、コロナ禍を家族で楽しむマクドナルドの新メニューづくりについてご紹介しました。我が家では、いまでは子どもたちもオリジナルハンバーガーづくりを楽しんでいて、卵焼きや焼いた玉ねぎを加えたり、手巻き寿司感覚で楽しんでいます。